溝口涼子 ランキング!

熊本地震:想定外ばかり!?ホリエモンVS尾木ママ、バラエティー自粛論争!(大竹まこと)

熊本県などで発生した地震によるテレビ放送の自粛に関して、実業家の堀江貴文氏と教育評論家の尾木直樹氏がネット上で対立している。

「スパイ罪」元留学生の中国人の男に実刑判決(16/04/21)

スパイ罪で中国人の男に実刑判決。日本との関係はあったのでしょうか。 中国国営メディアによりますと、元留学生の中国人の男は沖縄県 ...

オバマ 演説(字幕): 11.4 勝利演説 1/2

2008年11月4日、シカゴ、グラントパークで行われた演説です。1年前には誰も信じていなかったようなことがその日起きました。そして彼は ...

クルマランキング
ここを友達に教える
iPhoneランキング

溝口涼子 ランキング!

溝口涼子 バラク・オバマ 大統領への軌跡 コレクターズ・エディション [DVD]

選挙を手伝った経験が何度かあります、旗を持って歩き回るのですが疲れる、ウグイス嬢は元気に声出してますが、選挙はとにかく大変です。 バラク・オバマ 大統領への軌跡 コレクターズ・エディション [DVD] 関連情報

溝口涼子 【メディカルブック】スパイラテックス (75mmx5mスリット入り(SQ-116B))

クロステープも作りやすいし、何より量がたっぷりで使いやすいのがいいですね。 【メディカルブック】スパイラテックス (75mmx5mスリット入り(SQ-116B)) 関連情報

溝口涼子 私を通りすぎたスパイたち

 「佐々淳行」の名前を初めて知ったのは、三島由紀夫が割腹自殺した1970年11月25日の後、三島に関する様々な論評が出た頃のことだ。市川某女史に張り付いている紀平悌子が「仮面の告白」の三島の初恋のモデルで、その弟(佐々淳行)は、三島の「盾の会」の監視役だった、などということが面白おかしく週刊誌に書かれたからだ。 日本における「インテリジェンスの重要性」を、ここ最近、佐々淳行ほど、分かりやすく、面白く解説してくれた人は、いない。 今回の本で、その原点が、父・佐々弘雄と「ゾルゲ事件」を引き起こした尾崎秀実との関わりにあることが分かった。父に命じられて尾崎関連の手紙や書類を処分したというエピソードはもちろん興味深い。しかし、子供の時分、「玄関番」として観察した尾崎の姿は、直感的に、鋭く、尾崎という人間の本質を剔るものである。 「ゾルゲ事件関連文書」を読めば誰でも感じることであるが、当時取り調べに当たった検事も特高警察も十分以上の敬意を持ってゾルゲや尾崎の陳述を傾聴した。それは、彼らが残した「調書」や「回想録」から推測できる。 佐藤優が論評していることであるが、ゾルゲは自分が関係した女たち(オットー大使の妻、石井花子たち)を守るために、検事たちと取引をしている。「諜報団」に直接関わったわけではない女たちを、「事件」に連座させないように特別に申し入れたのだ。 その上で国際情勢を縦横に分析し、自分の任務がいかなるものであったのか堂々と論じて見せた。ゾルゲのその毅然たる姿勢は、「いずれ、スパイ交換で釈放されるだろう。帰還すれば、厳しい査問の後、粛清される可能性はあるが、とりあえず、ここで処刑されることはないだろう」という漠然たる信念に裏打ちされていただろう。 しかし、尾崎の獄中での振る舞いは異なっていた。後に「愛情は降る星の如く」という本にまとめられた、およそ普段の尾崎には似つかわしくない家族へのセンチメンタルな書簡を書き綴る一方、検事には「独自の分析」として、満州と華北の日本軍を「西安」制圧に振り向けて一気に中国戦線にケリをつけることを勧めていた。これは、陸軍にまで、一つの作戦の提案として報告された。 尾崎の狙いは、ただ一つ、「満州を軍事的に空っぽにして、ソビエト侵攻を容易にする」ことにあっただろう。獄中にあっても祖国の滅亡とソビエトの繁栄を願ってやまないこのような人物を、佐々淳行少年はどう見ていたのか。 「このおじさんは、僕みたいな小学生にもヤケににやけた感じで愛想がいいというか、気を遣っている変な人だな」。信用できない、嫌な奴だと思ったと率直に書いている。 結局、佐々弘雄は、尾崎の諜報団とは無関係と分かり、切腹まで覚悟した弘雄は助かるのだが、そのときの感想が興味深い。「特高というのは、案外と合理的な証拠主義なんだな」。淳行少年は父のこの言葉を記憶していた。「特高=権力の」とパブロフの的に反応していると自覚される方は、この当時の世界の秘密警察と比較して、日本の「特高」のこの部分に注目されていいはずだ。 新たな視点から書かれたところはあるが、長年の読者にとっては、過去に書かれた内容と重複する部分も多い。もう一点だけ、指摘しておこう。 香港領事のとき、カンボジアから驚くような報告を送ってくる若い独身の書記官がいた。彼の情報源は、シアヌークの何番目かの愛人で、その女とのピロートークで、シアヌークの変幻自在で変節きわまりない言動の真意を探っていたのである。 この外交官は、イケメンで、流暢なフランス語を駆使する非常に有能な男であったようだ。 後に、「ペルー日本大使館占拠事件」が起きたとき、中南米にいた彼を佐々は推薦して、事件解決に当たらせた。この外交官の名前は書いてないが、当時、註メキシコ特命全権大使だった「寺田輝介氏」のことかと思われる。 佐々は、なぜ、このような有能な外交官が外務省の主流に入れないのか嘆いている。しかし、上司である警察官僚から、ときに蛇蝎の如く嫌われながら、敗戦によって壊滅させられた外事警察再建と危機管理監としての仕事を全うした佐々には、その理由も、身の処し方も全て分かっていたことに違いない。 私を通りすぎたスパイたち 関連情報

溝口涼子 The Thirty-Nine Steps (English Edition)

Richard Hannay, a thirty-seven-year-old adventurer with enough money to have a good time, has just returned from Rhodesia, when an American reporter visits him at his London flat to ask him for help. The stranger says he is being chased by a group of German spies because he has uncovered some important information about the German plans for war. He takes refuge with Hannay, but several days later, he is found murdered in Hannay's room.Hannay finds himself on the run from the police and the ruthless German spies. With his life and Britain’s security in grave danger, it takes all of Hannay's ingenuity and cool instinct to stay one jump ahead of the game. Can he warn the government before it is too late? The reader will be kept on tenterhooks from beginning to end. The Thirty-nine Steps is a great masterpiece of spy fiction. The Thirty-Nine Steps (English Edition) 関連情報

溝口涼子 合衆国再生―大いなる希望を抱いて

昨年末にこの本を読むまでは、オバマ氏についてはあまり知りませんでした。しかし、この「合衆国再生」を読んで、アメリカに何十年に一度の本物の政治家が現れたと感じました。彼の経歴、実践、政治への信念が正直に自信に満ちた形でここには書かれています。ワシントンのロビイストや影響力のエージェントの手にある政治を、懸命に生きて幸せになろうとしている一般市民の手に取り戻そう。そして、アメリカ建国時や公民権運動の時代の精神を思い出し、「分断」ではなく「信頼」と「連帯感」に基づく国づくりにもう一度励もうと、オバマ氏は語りかけています(実際に彼にはケネディーやキング牧師に似たカリスマ性があり、スピーチも非常にうまい)。オバマは文章もうまい、本書は翻訳もいい。これに興味を持てれば、95年に書かれた自伝もお薦めです。オバマファンになった私は、本書をもう一度読み返しながら、原文のニュアンスも知りたくてPaperbackもオーダーしました。 合衆国再生―大いなる希望を抱いて 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
サッカーランキング