末吉秀太 ランキング!

A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人が公開キス『ハメられたわ』

A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人が12日、東京都内で行われたW主演舞台「コインロッカー・ベイビーズ」の製作発表に出席。熱~い公開.

【Music VIDEO】出発進行!〜都電荒川線編〜 / エソラビト

2015年11月23日(祝・月)に行われた『電車でLIVE!〜都電荒川線 PV撮影編〜』にて皆さんと一緒に撮影を行いました。 都電の魅力 ...

ねむの木村〜2016年4月のねむの木村〜吉行淳之介文学館

ねむの木村にある吉行淳之介文学館の改修工事が完了しました。桜満開の中、あたらしくなった文学館へ是非おいでください。お茶室「和心 ...

末吉秀太 to.ri.ca.go

ソロ曲.

iPhoneランキング
ここを友達に教える
スマホランキング

末吉秀太 ランキング!

末吉秀太 マイメロディの星と花の伝説 [DVD]

2011年6月下旬よりサンリオピューロランドのメルヘンシアターで公演されている「マイメロディの星と花の伝説」のDVDです。DVDは2枚組で、ミュージカルの入った本編Disk1のほか、Disc2には、合計37分の特典映像が入っております。1.「マイメロデイの星と花の伝説」オリジナルキャスト15名からのメッセージ2.AAAの末吉秀太さん(嵐の精・オズウッドの声で出演)メッセージ3.マイメロディによるテーマ曲「花の冠」のプロモーションビデオ4.スペシャルメイキング映像「マイメロディの星と花の伝説」は、サンリオの辻信太郎社長原作の「シリウスの伝説」をモチーフに作られています。秋光伸次さんと安福由美子さんのゴールデンコンビが素敵な物語を演じてくれています。詳しくは[...]まで。 マイメロディの星と花の伝説 [DVD] 関連情報

末吉秀太 暗室 (講談社文芸文庫)

 「現代人に共感をよぶ部分があるとしたら、生の危うさ、死の不安を描いたところだろう」のような趣旨のことを作者は語っている。男と女にとっての性を題材にした作品を描き続けた作者の作品の中でも秀作として知られる作品である。所々に、航空機から眺められた歯のような情景、メダカを池に放つときの「死」を感じさせる描写など、印象的なエピソードが挿入され、複数の女性関係を必要とする主人公の「生への不安」が浮かび上がっている。性は文学の大きなテーマのひとつであるが、その中でも秀逸な作品と思われる。谷崎潤一郎ほどの甘口の文体ではなく、谷崎がちょっと苦手なわたくしでも大丈夫だった。 暗室 (講談社文芸文庫) 関連情報

末吉秀太 ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]

アメリカに8000万人いるといわれているキリスト教福音(エバンジェリスト)派、いわゆる原理主義の人たちのもっとも過激な部分に迫ったドキュメンタリー。町山智弘の「非公開映画を観る」という番組で紹介されていたいかにもヤバい系の1本だが実際かなりヤバかった。こういう類の人が4人に1人いるという国と「同盟国」でいることにいまさらながら心がざわついた。映画にはベッキー・フィッシャーという狂信的な牧師が、10歳にもならない少年少女たちを人里離れたノース・ダコタのキャンプ地(その名もデビルズ・レイク)に集めて朝から晩まで洗脳しまくるさまが記録されている。子供たちは科学やポップミュージックなど神の教えに反するものに触れぬよう自宅で教育され(アメリカで公立学校に通わず自宅学習している子供の75%が福音派という)、進化論も温暖化もデマ、ハリーポッターは死刑にすべき、と教えられる。言葉、音、イメージと、あらゆるメディアを使って子どもたちを「神の戦士」に仕立て上げていく「システム」は恐るべき完成度で、子供たちはいとも簡単に涙を流し、恍惚となって叫び、神に人生を捧げることこそ最高の幸せであり名誉であると信じて疑わなくなっていく。洗脳されやすい子供の狙いの付けかた、おだて方も見事。ものすごく強固な組織文化をもつ企業にも通じるところがあるのかもしれない。信じるべきとされている内容が違うだけで。ブッシュJr.がキリスト教原理主義を見方につけて当選したことは周知だが、信仰を通じての絆というよりお互い政治的に利用し合ったということだろう。原理主義者たちは中絶禁止、宗教教育を法律化するといった自分たちの政治的な目的を遂げるために選挙権のないうちから子供たちに独自に発達させた極端な教義を叩き込む。政治家にとっては味方につければ「投票では決してブレない頼りになる存在」「戦争に喜んでいってくれる便利な存在」だ。両者の利害が一致したときの暴走が怖い。進化論を頭から否定する半知性主義のキリスト教右派のほとんどはエリート層ではないが、数は力なりで、民主主義のシステムでは彼らを敵にするか味方につけるかがそのまま死活問題になってくる。それにしてもこのフィッシャー牧師の「動機」はまったく謎だった。敵=異教徒(おもにイスラム)は子供にマシンガンや手榴弾を与えて神の兵士として鍛え上げているのだから、キリスト教の子供たちも小さい時から訓練して神のために命を捧げられるようにするのだと映画の冒頭で吠えているが、彼女は何のために戦いたいのか?アメリカを「神の国」に戻すことによって彼女自身はどんな満足を得るのか。いまいち、というか全然みえてこない。彼女には夫も子供もパートナーもいなさそうである。「神に祈れ」と言いながら自分を神格化してしまっているようにもみえる。神の名を語って他者をコントロールできることに味をしめた女教組……。こういうミニ教組的な人間が各地のメガチャーチで信者たちの喝さいを浴びながら音楽のライブのような説教を繰り返しているのだろうが、このインターネットの時代に、知性や創造性ただ勢いで感情に訴えるだけの説教があれだけの威力を持つことに呆然、慄然。アメリカは英国教会に迫害された清教徒たちによってつくられた国であり、政教分離と宗教に対する寛容の伝統がある。先だって、モルモン教をネタにしたブロードウェイ―ミュージカル、House of Mormonを観る機会があった。ここまで笑いものいしていいのだろうか、とドキドキしたが、よくよく考えてみれば、ネタにされても鷹揚に構えていられるくらいモルモン教が勢力を広げられたのはアメリカの宗教に対する寛容性あってこそなのだった。そういう国であるからこそ、政教分離を徹底するのは非常に難しい。映画の最後でキリスト教左派のラジオDJがフィッシャー牧師と直接論争をしたときに最終的に問題的するのが政教分離の問題だが、牧師はいっさい耳を貸さない。「彼ら」を狂信的と言うのはたやすいが、彼らから見れば私たちがそう見えるのだろう。信仰とは対象に疑いを持たずに信じることである。民主主義や資本主義だってある意味、信仰に近いものがある。そんなことも考えさせられる映画だった。追記:オリバー・ストーンの『もう一つのアメリカ史』(The Untold History of the United States)を見ていたら、レーガンが「全米福音派教会協会」でスピーチするところがしっかり映っていた。シリーズを締めくくるナレーションのなかで引用されたサミュエル・ハンチントンの言葉が印象的だ。“The West won the world not by the superiority of its ideas or values or religion … but rather by its superiority in applying organized violence.”「宗教」は、歴史上幾度となく、組織的暴力を正当化するイデオロギーとして利用されてきた。このドキュメンタリーとストーンの「アメリカ史」を合わせてみると、共和党であれ民主党であれ、アメリカの指導層が安全保障、外交上について語るときのメタファーが驚くほど宗教的であることに気づいて空恐ろしくなる。 ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD] 関連情報

末吉秀太 Cabシリーズ 都電・荒川線 [VHS]

Cabシリーズ 運転席展望ビデオ「運転士以外誰も入ることのできない運転室にカメラを設置、始発から終点までリアルタイムで収録した「運転席展望ビデオ」。居ながらにして運転士気分が体験できる。到着したあとは、路線の特徴ある車両ほか、施設などもタップリ紹介。音はHiFi・STEREO。」リーフレット抜粋『「チンチン電車」の愛称で、親しまれてきた都電が、次々と廃線になった中で、唯一頑張っているのが、都電・荒川線。三ノ輪橋から早稲田に向かう展望風景に、東京の下町の面影を見る。ほとんどが専用軌道化されているが、熊ノ前から小台、王子駅前から飛鳥山、大塚駅前の前後の区間は、昔ながらの路面を走る。巻末には、現在の各種車両の紹介や、全盛期だった昭和30年代、皇居前や、銀座通りを走る旧型都電をなつかしいモノクロフィルムで収録した。』 Cabシリーズ 都電・荒川線 [VHS] 関連情報

末吉秀太 SHUTA SUEYOSHI(AAA)FIRST PHOTO BOOK S

秀太くんのいろんな顔が見れて、内容も本当盛りだくさんでとても満足しました。 SHUTA SUEYOSHI(AAA)FIRST PHOTO BOOK S 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
サッカーランキング